2013年02月05日

アニメ「ちはやふる2」4話は、息が詰まりそうな戦い

アニメ「ちはやふる2」4話は、息が詰まりそうな戦い

2013年冬アニメ

「ちはやふる2」第4首 太一回。

高校選手権東京都予選準決勝の相手は、白波会のエース坪口率いる朋鳴高校。

「俺にはお前のときめきポイントが全くわかんねえ」と太一に思われるところが、
天然かるたバカの千早らしい。

坪口の作戦で対戦相手にナンパされた時の千早の表情と動きが笑える。


「運が無い」の言葉通り、真上のエアコンが壊れてて汗だくになる太一。
そこからのタオルのシーンが良い。

太一が立ち上がり「すいません、誰かタオル」
周りの女性陣(白波会の二人、かなちゃんの母ちゃん、女帝、ニラちゃん)が同時にタオルを投げる…

机君を押しのけて太一にタオルを渡そうと手を伸ばす千早…
この時の千早がまた、可愛い。

ニラちゃんもいい子で良かった。


しかし、白熱した戦いで、息を止めて見てた時があった。
喉もカラカラになったわ。

こういう時には、うまい水が飲みたくなる。
水道水は、味がもひとつ…

ウォーターサーバーとか浄水器とかがあればなあ…


太一んとこの真島家では、こんな感じの浄水器があるに違いないと思うのだが?






もちろんビルトインタイプで。




最後に、



「あんだけモテるなら、かるた別に強くなくてもいいじゃん」


posted by アニメ紳士 橘クマ吉 at 20:12| Comment(0) | ちはやふる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: